授受した土壌を売却したときの事例

私は早くにパパを亡くし、いつの間にかいまも祖先が亡くなったために祖先の所有していた土地の一部を相続することになりました。

祖先の土地は東京の最初等地にあり、私は今後の身辺のためにといった相続した土地を売却することにしたのです。
但しこうした私の狙いを親せきは納得せずに、歴代受け継がれてきた土地を明け渡すは何事かって口を出してくるようになりました。

土地を相続やるまでには親せきとの騒動や難題もありましたが、私が土地を相続することは法的に見ても正当な権威だったので、その土地を売却することもまた私の当然の権威だといえます。

そういった成り立ちがあり私は土地をまさに売却するための事柄に出ましたが、極力高い値段で転売をしようと考え、複数の不動産業者に土地の見積りを依頼できる良い方法がないかと考えていたのですが、最近ではwebから一括で土地の見積りを無料で依頼できるインターネットがあることをわかり、ぱっぱとそのインターネットを利用して土地の見積りを受けることにしました。