悩めるふる里の我が家の処理ジレンマ

私の父母はちっちゃな表通りで暮らしていますが、うちがあるのは車種が無いと日々できないようなところです。車種のオペをしている男子も80年を過ぎてoあり、車種が無くても困らないような所に直ちに引越す必要があるのです。

今のうちを処分して変わる先のお婆さん専門住まいはメドがあるのですが、弱るのは今のうちのケア方式だ。このまま不動産として持っていてもキッズが住む望みはなく税がなるばっかりなので譲渡できれば一番良いのですが、そういった簡単に売り払える望みはありません。

賃貸にしたとしても、借り手が付くかどうかは難しそうだ。うちも古いので、収穫としても土地値段くらいのやり方でしょう。直ちに処分することを考えていかないと、ケースが経てば経つほど難しくなって仕舞う問題です。

目下、日本では同じ悩みを抱えているケースは多いと聞きます。

とにかく田舎の側では、親の住んでいた譲るに売れないうちを有する子供が、そのメンテナンスに頭を悩ませているようです。引き続き空き家になっているうちも目下手広く、空き家お話として行政が攻略に乗り出していらっしゃるらもあるようです。断然自身同じため耐えるのを実感しますが、とりあえずは自分たちの力で何とかするしかありません。僕ら子供に課せられた大きな宿題だ。