「分譲マンション」カテゴリーアーカイブ

初めて賃貸を借りてみてびっくり

このたび初めて賃貸マンションを借りました。
今までは、実家・社員寮というふうに賃貸マンション・賃貸アパートを借りたことがありませんでした。

実際に初めて賃貸を借りてみてびっくりしたことがあります。
それは、リビングの蛍光灯がついていないということです。

実家はもちろん社員寮もついていましたが、基本部屋の蛍光灯はついていないとのこと…それがスタンダードなのでしょうが、今まで部屋を借りたことがない私はびっくりしました。
それに賃貸を借りるための契約やらガスの開栓、電気の使用開始、下水関係、ごみの捨て方にいたるまで大変なことがいっぱいです。

そして、引っ越しも大変でした。
これから、学校も始まり、定期異動もあり、新天地で生活される方が多いと思います。

いままで賃貸を借りたことがない方は覚悟していたほうがいいですよ。
びっくりすることがいっぱいです。

早め早めに調べて行動し、不動産屋さんにはいろいろと聞くことをおすすめします。

賃貸ではなく分譲を選びました

2000年に結婚した際、勢いで新築分譲マンションを購入してしまいました。
賃貸の家賃と住宅ローンの返済額を比較してもそんなに変わらないし、共働きだし、転勤も無いし、せっかくお金を払うなら自分達の物になる方がいいよね!という夫婦の意見が一致した為です。

それまで一応戸建住宅に住んでいた私は、共用廊下に面した部屋が心情的に受け入れらなかった為、どうしても角部屋とか、門扉付きとかの物件に目が行きました。
そうすると割高なんですよね。

でも、買ってから落ち着かなさに後悔するのも嫌だったのでこだわり続け、やっと間取りは希望通り、予算も範囲内の物件をみつけました!そのマンションはエレベーター横の南東角部屋で、門扉付、三方引き回しバルコニーでウォークインクローゼット付の3LDKと、プライバシーも確保、収納も充実のすばらしいマンションでした。
予算は思っていたより少しオーバー目だったけど、住宅ローン、夫婦連帯債務でがんばって通しましたよ!そこには8年住んで、実家の都合で売却しましたが、部屋だけでなく、建物も環境もとても気に入ってました。

今でも近くを通りかかると懐かしく眺めています。